海の近くにあった、食べ放題のお店で出てきたカニ料理さんがとても美味しかったです。

かにのあしをさばいて、そのままで調理はゆでただけだったのですが、塩味がしていて新鮮で何個でも食べられそうでした。

カニのあしは、なべにいれたり、しゃぶしゃぶにしたり、そのままでも美味しいと思います。

海の近くのお店ですと新鮮で、グラタンや、焼いたものや、あえたものなど、さまざまな種類があるのですが、どれも美味しかったです。

 

私は、子供の頃からカニ味噌が好きなのですが、せいこがになどのカニ味噌をたべたり、蟹味噌がのっているお寿司を食べると本当に元気になれました。

カニ味噌は灰色、白、赤のところで味が違いそれぞれに楽しみがあるので、カニみそそのままでも、美味しいと思います。

お寿司のようにして、カニ味噌をのせたり、混ぜご飯のようにして混ぜるのも良いと思います。

 

カニそのままの味でも良いと思うのですが、カニ味噌をご飯とセットにしたものが私は個人的にとても好きでオススメです。

一度試してみてくださいね。

 

妻はカニ料理が大好きです。

しかし私はカニには執着がありませんでした。

したがってカニ料理が出てきたなら妻の担当となります。

私も嫌いではなかったので少しは食べようかと考えますが、美味しそうにカニを頬張る妻の姿をみていると遠慮しました。

 

このようにカニ料理に関して担当分けができていました。

しかしそれが破たんすることになったのです。

 

妻の実家に行った時にカニ料理がでました、たぶん妻の大好物だからでしょう。

いつもの担当分けで妻にカニを任せていたのですが、それを見ていた義母から「カニ味噌」を勧められました。

「カニ味噌」は小さい時に食べた記憶があるだけで、美味しいものとは思っていませんでした。

 

しかし義母から勧められて断ることはできません。

ひとつまみして口に入れると濃厚な香りが襲ってきました。

「なんて、美味しいんだ!」と心で叫びました。

 

さらに飲んでいた日本酒を口に含むと濃厚さが優しく広がり日本酒と「カニ味噌」のまさしくハーモニー状態になりました。

これがきっかけで我が家の担当分けは解消し、今では妻と「カニ味噌」を奪い合う状態となっています。

 

京都で食べたカニ鍋が今まで一番美味しかったです。
お店の戸口には水槽があり、今の今まで生きていたカニが運ばれてきました。

カニ刺しも甘く、網焼きもカニの旨味が凝縮されていました。
そのときまで蟹味噌を食わず嫌いで食べたことがほとんどありませんでした。
そのときは少し高めのカニ鍋だったので、もったいないからと思い、味見程度に食べてみました。

しかし、そのときのおいしさときたら!
なぜ今まで蟹味噌をそんなに敬遠していたのか後悔するほどのおいしさでした。
蟹味噌とビールってなんて合うんでしょう!
蟹味噌と同時に、苦手だったビールも克服してしまいました。