カニなんてとても高くて買うのをためらってしまうけど、友達の彼氏が八戸の八食センターでタラバガニを買ってくれたって言うんです。

それも、おまけで毛ガニも3匹。

 

友達のアパートで引越し祝いに4人でカニ女子会しました。

タラバガニはとても大きく4人で食べてお腹がいっぱいになりましたよ。

高級料亭やカニ専門店で高いお金を出して何て絶対無理なので、友達の彼氏に感謝し、有り難く食べました。

どんな料理よりも蒸しただけのカニの味は、甘くて身もたっぷりで最高ですよ。

 

そして、何よりもカニ味噌、濃厚でとろける様な旨味があってカニの風味も良く幸せ気分になりました。

お腹いっぱいなのに、さらに毛ガニまで食べてしまいました。

タラバガニとはまた違う味があり満足度120%って感じですね。

 

カニを食べるときは上品になんて絶対無理ですよ。

手はカニの匂いが染み付いておしぼりを用意して腕まくりしてカニと格闘しながら食べる感じですよね。

経験ある方は良くわかると思うけど、それでもやはり蒸したカニが一番美味しいと思います。

 

私が住んでいる近所では毎週日曜日になると港が近いので港で朝市が開催されます。
朝の7時スタートですが6時くらいにはもう人がたくさんです。
みんな早く行って予約しているみたいです。

私と主人も早く行ってかにを買おうと思って行きました。
大きいかにではないのですがかにを10杯1000円で買いました。
家に帰ってそれを蒸し器で蒸して朝からかにを食べました。

何もつけなくてそのままでもすごくおいしかったです。
こんなおいしいかに食べた事ないくらいおいしくて
しかも朝から食べてすごく贅沢な事をしたなと思いました。
ちょっと早起きしておいしいかにを食べれて幸せでした。

北海道在住なのですが一番美味しかったカニ料理は「蒸しガニ」です。

 

私の父親の実家が夜景が綺麗で日本を代表するロックバンドのGLAYが、

誕生した函館に程近い八雲町で漁師を営んでいます。

そのおかげで幼少期から毛ガニをよく食べていました。

 

父親の実家が漁師なので一番カニのおいしい食べ方を知っていて、

やはり刺身の次に料理として挙げるのなら蒸した毛ガニですね。

 

大人になって料亭などでタラバガニを使った和風料理を食べましたが、

やはり父の故郷の毛ガニに勝る物はまだ出てきていません。

 

実話なのですが、

 

数年前にお笑いコンビのナインティナインの番組の「グルナイ」で

父の実家の漁船をロケで使いました。

従兄が舵を握る船に岡村隆史さんが乗っていました(笑)

その後、毛ガニを食べさせたら「旨い」と言われたそうです。

岡村さん、お墨付きです。

 

自分が初めて給料をもらった時、

お母さんにいいものを食べさせたくて横浜の中華街に行きました。

 

横浜中華街は自分もお母さんも初めてですので、すごくドキドキしました。

中華料理屋さんがずらりと並んでいてどの店もほぼ満席の状態。

そのなかで、一つのあんまり高級そうじゃない店を選んで入りました。

 

メニューを見たら2800円のカニ料理があったので注文することに。

 

そのカニ料理はカニを蒸した後、

その上に熱々な甘辛中華ソースを掛けて食べるスタイルでした。

カニの香りとソースの甘さが絶妙なバランスを演出していて、

本当に美味しかったです。