私は北海道に住んでいるのですがそんなに頻繁にはカニを食べるとこはありません。

唯一カニを食べるのはお正月です。

 

毎年通販でタラバガニ、ズワイカニ、毛ガニの3種類を購入しています。

基本的にはそのまま食べるのですが、

カニ汁を作ったり、カニ雑炊を作って思う存分カニを楽しみます。

 

どれも冷凍で来るのでまずは茹でます。

その時にでたカニのだし汁でまず味噌汁を作ります。

カニの出しが出ているのでとても美味しいです。

 

そして、余ったカニで最後はカニ雑炊です。

先ほどの味噌汁で使っただし汁を取っといてそれにほんだしを少し加え、

カニの身も少しいれます。

 

次に、ご飯と玉子を入れてカニ雑炊の出来上がりです。

このパターンが我が家ではお正月の定番になっています。

今年ももちろんお正月にカニを食べる予定です。

 

カニをたらふく食べたのが、20年くらい前の正月の時に、

親族全員でカニ鍋をしたことですね。

 

カニの中でも一番美味しいのは、足の太い部分だと思います。

身のしまった部分が、ダシをしっかり含んで、それを一気に食べ干します。

 

プリップリの身を、いったいどれくらい食べたか思い出せません。

カニの量は、いったいどれだけ用意していたのでしょうか。

 

カニ鍋に使われるカニエキスは、鍋の風味を一段と良くします。

最期に食べるのは、もちろんカニ雑炊です。

 

そこに用意していた、カニ身のほぐしをかけて頂きます。

ネギとノリをふりかけていただきました。

あれは最高のカニ料理でしたね。