今年のお正月はカニを食べる約束をしたので、家族で買い出しに行きました。

予定が変更して元旦に実家に挨拶に行くと、孫の為に毛ガニでとタラバガニを用意していてくれました。

それなら一緒に食べようとなって、我が家の毛ガニも持参してカニ三昧になりました。

 

毛ガニの味噌が美味ですが、その甲羅に熱燗を注ぐと、なんとも美味しいカニ酒になるのです。

おばあちゃんや夫は喜んで飲んでいました。

 

さすがにカニが余ったので、カニ汁を作る事にしました。

昆布だしをとって、殻がついた状態のままカニを入れます。

少しアクを取って、ネギ、豆腐、白菜を入れて味噌で味付けします。

カニのだしが出るので余計な調味料は入りません。

 

これで朝食のご飯と一緒に頂きました。

なんとも言えない香りとカニのダシ汁が最高!

もちろん身を食べても良いのです。シンプルですが絶品ですね。

子どもたちもおかわりをして完食しました。

 

カニ汁は毛ガニで作るのが一番美味しいと思います。

スーパーでも売っているので、ちょっと奮発して美味しいカニ汁を作るのもオススメですよ。

 

私は北海道に住んでいるのですがそんなに頻繁にはカニを食べるとこはありません。

唯一カニを食べるのはお正月です。

 

毎年通販でタラバガニ、ズワイカニ、毛ガニの3種類を購入しています。

基本的にはそのまま食べるのですが、

カニ汁を作ったり、カニ雑炊を作って思う存分カニを楽しみます。

 

どれも冷凍で来るのでまずは茹でます。

その時にでたカニのだし汁でまず味噌汁を作ります。

カニの出しが出ているのでとても美味しいです。

 

そして、余ったカニで最後はカニ雑炊です。

先ほどの味噌汁で使っただし汁を取っといてそれにほんだしを少し加え、

カニの身も少しいれます。

 

次に、ご飯と玉子を入れてカニ雑炊の出来上がりです。

このパターンが我が家ではお正月の定番になっています。

今年ももちろんお正月にカニを食べる予定です。