北海道に住んでいるのでカニはよく食べてると思われがちですが意外と食べてません。

ましてやただ茹でたかにというのではなくカニ料理なんて本当に稀です。

茹でたかには時期になるとスーパーに安く売ることもあるので食べれますがカニ料理となると途端に金額が上がってしまうのです、北海道にいてもカニ料理は特別な存在です。

 

私はカニ料理をコースで食べた事が何度かありますが、結構シンプルなメニューが多い気がします、お造りやカニシャブ、茹でがに、てんぷらなど素材の味がよく解るものなのでしょうね。

後はかに甲羅焼きやシュウマイ、カニ太巻きなどカニの身をふんだんに使って作ったものでしょうか。

 

お造りやカニシャブは普段食べている茹でたものとはまるで別物でトロットして甘くとてもおいしいです、食べた事が無い人には是非食べて見てほしいです。

茹でがにてんぷらは言うまでもなく美味しいですが、私が好きなのはカニ太巻きです。

カニカマの太巻きも大好きですが、本物はもっと美味です、是非食べてほしい一品ですね。

 

私が子どものころは、お正月になると父親がタラバガニを買ってきてくれて、さばいて食べたことがありました。

それはお正月の楽しみでもありました。

父親は、日本海沿岸で生まれて育っていましたので、タラバガニなどについて凄く詳しくて、食べやすく切れ目を入れてくれて食べていました。

 

それは私が結婚して家をでても、同じでした。

お正月になると実家にいくと父親はタラバガニを買って待ってくれていました。

でもそんな父は、10年前にがんで他界してしまったのでした。

それ以来タラバガニなど食べることもなくなってしまいました。

 

タラバガニは高価なものなので、スーパーにいっても自分で買う気になれませんでした。

なのでここ10年はかにを全く食べていませんでした。

でも先週の金曜日に、息子と近所の高級なお寿司屋に行って、ずわいがにのお寿司を食べてしまったのでした。

とても久しぶりでしたので、凄く満足してしまいました。

かに料理といえばお寿司が最高に美味しいと思います。