城崎温泉での蟹コースで出てきた『○○蟹』

かれこれ、当時から計算して数年経過しますが、今でも忘れられない蟹料理がひとつあります。

それは『焼き蟹』!

 

というのも、私はそれまで蟹料理といえば、鍋しかピンと来ず、当時はまだ彼女だった今の嫁さんとどこか温泉でほっこりするか、と旅行先を探していたときに、とある旅館の蟹コースが目に留まりました。

これだったら、テレビで見たような生の蟹や、蟹しゃぶした時の花が咲く感じも体験できるな、と思い申し込んだ記憶があります。

 

さて、そんな旅館先で、いざ夕食の時間。

一品一品丁寧に作られた蟹料理に舌鼓を打ち、たびたび拍手をならして私達は喜んでいました。

 

そして、いざ次の料理となった時に、仲居さんが私達に尋ねます。

「あなた達、焼き蟹は初めて?」 そう問われ、うんうんと頷く私達に仲居さんが続けます。「きっと食べたらビックリするわよ。美味しすぎて。」と。

 

その言葉に気分高揚しわくわくしながら待っていると、なんと先ほどの仲居さんが七輪をもって炭火の焼き蟹を用意してくれるではありませんか。

パチパチと香ばしい音と香りをあげて蟹の身がぷっくり膨れていきます。

「はい、どうぞ。召し上がれ。」

ぷるんと出た蟹足をほうばった瞬間、私達のほっぺたが248個落ちました。

『お、おいしいい!!』 二人揃ってあまりの蟹の旨み、甘みに驚愕。

 

それまでの蟹料理だけでも十分すぎるほどでしたが、焼き蟹はそれらの蟹料理を全て足して5倍したくらい美味しかったです。

まだ焼き蟹(特に炭焼き)を食されていない方がいらっしゃったら、ぜひご賞味くださいませ!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加