カニを茹でて何十年

昔、冷凍の外国のカニをスーパーで買って食べた時は、冷凍されたことでカニの身の水分が無くなり、カニの身の繊維だけが気になって美味しく感じられなかったのですが、インターネットショッピングで鳥取の境港で朝とれたカニをすぐに茹でて梱包し、冷凍せずにクール便で届けるというお店を見つけて、「茹でたてだから、甘いカニの身なのかな」と期待して注文したことがあります。

 

お値段も市場で買うより安くて、紅ずわいがにが6枚くらい入っていました。

カニを茹でて何十年という漁港の方が茹でたカニなので、ちょうど良い感じに茹でられていました。

あまり茹ですぎても身がパサパサになったりすると思うのですが、身はしっとりとして、甘みがありました。

 

値段が安かったので仕方ないと思いますが、雄のカニでした。

なので、卵を抱いておらず、胴体の味は雌より物足りない感じがしましたが、カニ足は甘くてジューシーで柔らかくて美味しかったです。

それで毎年頼んでいて、もう4回くらいは同じお店でカニを注文しています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加