カニの炉端焼き

先日北海道でとても美味しいカニ料理を食べました。

小樽市にある、北海あぶりやき運河倉庫というセルフ炉端焼きのお店で食べたタラバガニの炉端焼きです。

小樽市や根室市は北海小津の中でも特に海鮮が美味しく、根室出身の私の友人から聞いた話ですと、地元の人は同じ北海道内でも他所の街のお寿司屋さんには美味しく感じられないから行きたくないそうです。

 

そのお店の事は元々知っていた訳ではなく偶然見つけて入りました。

お昼ご飯の時間帯からかなりずれた時間に入ったので他に客はほとんどいませんでしたが、そのお店は昼と夜の間の定休がないため店員さんは大変親切に案内してくれ、初めてでも安心して利用できました。

 

そのお店のメニューの中にタラバガニの足があったので注文したのですが、まずその足の大きさにとても驚きました。

成人女性の顔二つ縦に並べるよりも大きかったのです。

それを網の上に置いて、自分で加減を見ながらいいところで食べるのですが、何もつけていないのに塩加減も絶妙でした。

 

カニそのものもさすがは小樽市なのでとてもぷりぷりとした歯ごたえと柔らかさです。

カニの汁も焼いてるうちに出てきたので汁まで残らずいただきました。

海鮮丼で食べるカニやお味噌汁に入っているカニも美味しいですが、炉端焼きもシンプルでとても美味しいです。

今まで食べたなかで一番おいしかったかもしれません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加