はじめてのカニすき

それは今から30年余前、私がまだ学生だった頃父母と三人で初めて食べたカニの鍋すきでした。

その頃の我が家の鍋料理は豚と白菜をよく煮込む水炊きばかりでした。

どういう経緯でそのカニが我が家に来たのか、もはや記憶にはないのですがとにかく豚白菜と同じようによく煮込んでいただきました。

カニの身は花のように開き、ボソボソになったのですがそれでも初めて食べるカニはとても美味しかったです。

 

そして用意されたカニが半分ぐらいになった頃、さっと湯通して温もった程度で食べて見るとその身は甘く、つるんとした食感はそれまでとは比べものにならない美味しさだったのです。

親子3人、知らないということがこんなにも「もったいない」ことだとは思いをしませんでした。

自分達の無知を嘆きつつ残り半分を美味しく頂きました。

 

お鍋の具を食べきって〆のおじやにしたところ、前半の煮込みで充分鍋に溶け出したエキスのおかげで最上級のカニ雑炊が仕上がったのでした。

この時のカニ雑炊を越えるカニ料理には出会えていません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加